小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

シュフー/広告閲覧者の来店可視化、サントリー酒類が導入

凸版印刷が運営する国内最大級の電子チラシサービス「Shufoo!(シュフー)」は7月2日、広告閲覧者の来店の可視化サービスを開始した。

<Shufoo! Audience Targeting Adイメージ>
Shufoo! Audience Targeting Adイメージ

第1弾として、年間3000万人のチラシ閲覧ログデータを活用した、オーディエンス・ターゲティング広告サービス「Shufoo! Audience Targeting Ad(シュフー・オーディエンス・ターゲティング・アド)」で、来店可視化プランが登場する。

同サービスは、フリークアウトのジオマーケティングプロダクト「ASE(エース)」と連携。

大手SNSなどの外部メディアを通して広告に接触したShufoo!ユーザーが、実店舗への来店を行ったかを計測可能にした。

現在、デジタル広告では、Web 上での資料請求や購入など、成果1件にかかった広告費用CPA(CostPer Acquisition/Cost Per Action=成果単価)を主な評価指標として、広告運用の PDCA を実施している。

しかし、実店舗を持つ流通小売業などの広告施策では、重要指標となる「実店舗への来店」に基づく、広告投資効果を測ることができず、デジタル広告運用の課題となっている。

この課題に対して、Shufoo!では、スマートフォンのGPSから取得した位置情報に基づく、広告接触者の実店舗への来店可視化をスタートする。

ターゲットは、店舗への送客や特定の場所への誘導など、オフライン上の評価指標でWebプロモーションを行う企業。

流通ではスーパー、ドラッグストア、ホームセンター、家電店、衣料品店、不動産業、自動車販売、メーカーは飲料、食品、日用品、化粧品など。

サービス価格は、最低出稿金額100万円~となっている。

実際に導入したサントリー酒類では、商品が置かれている、タイアップ先の流通チェーン店舗への送客を検証。

来店効果として、広告接触者の8.3%がタイアップ先のチェーン店舗に来店したことがわかった。

今後、2018年度中に100社の採用を目指す。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

PR記事

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧