小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ヨークマート/目標年商22億円、所沢に軽食専門店導入の新レイアウト店

時短料理のニーズに対応した簡便商材についても、生鮮三部門で対応する。青果部門では、焼くだけ、炒めるだけで使える、カット野菜や下ごしらえずみの水煮野菜を豊富に用意した。

<簡単便利 水煮野菜コーナー>
簡単便利 水煮野菜コーナー

鮮魚部門では、焼くだけでおかずになる冷凍干物や塩鮭、切るだけでおかずになる明太子などの魚卵を展開する。

<冷凍干物コーナー>
冷凍干物コーナー

精肉部門でも、焼くだけ・炒めるだけをキーワードとした味付け肉コーナーを9尺で展開。牛・豚・鶏のそれぞれの味付け肉を一カ所にそろえた。

<味付け肉コーナー>
味付け肉コーナー

所沢花園店の取り組みとして、酒類コーナーを惣菜部門に隣接させた。

日本酒・ワインから惣菜部門に流れる動線があるため、冷蔵ケースと組み合わせて、ローストビーフやチーズとワインを関連販売する手法を取り入れた。

<ワインと惣菜・チーズを専用ケースで関連販売>
ワインと惣菜・チーズを専用ケースで関連販売

冷蔵ケースを改良した新型什器で、食卓で酒を中心にして簡便性を求めて、惣菜を購入するお客に対応した。

<酒類コーナー内につまみの定番売場を配置>」
酒類コーナー内につまみの定番売場を配置

酒類とつまみの関連販売の一環として、日本酒売場とワイン売場の間に、つまみの定番売場を配置した。

つまみの定番売場を設けることで、品ぞろえを豊富にして、より関連販売をしやすい環境を整えた。

鮮魚部門や精肉部門でも、つまみコーナーを設けることで、酒類と食品を一緒に購入しやすい陳列を取り入れた。

<青果部門の野菜を使ったサラダコーナー>
青果部門の野菜を使ったサラダコーナー

惣菜では、青果部門の野菜を使ったサラダコーナーを設けるなど、店内加工の惣菜を強化する一方で、ライフフーズの協力で開発したアウトパックの惣菜も導入した。

<惣菜ではアウトパック商品も活用>
惣菜ではアウトパック商品も活用

ポテトサラダや弁当、ハンバーグなど、惣菜商品の一部をアウトパック商材とすることで、オープン時の品ぞろえの確保や生産性の向上を目指す。

<武蔵野の味たまり漬け>
武蔵野の味たまり漬け

グロサリーでは、地場商品もそろえた。川越市の大河戸製麺の「うどん」、小江戸育ちの「豆腐」、創業100年を超える深井醤油の「武蔵野の味たまり漬け」を販売する。

<ペットボトルはEDLPで販売>
ペットボトルはEDLPで販売

一方で、ペットボトル飲料、冷凍食品はEDLPで販売することで、低価格商品とこだわり商品をそろえ、幅広い客層に対応している。

<セミセルフレジ6台、通常レジ1台を配置>
セミセルフレジ6台、通常レジ1台を配置

レジは、人手不足に対応し、通常レジ1台、セミセルフレジ6台を配置した。商品登録は従業員が行い、精算をお客が行うセミセルフレジを導入することで、店舗の生産性を高める。

大竹社長は、「今後、既存店の改装を中心に、所沢花園店の取り組みをできるだけ取り入れていきたい」と語った。

店舗概要
所在地:埼玉県所沢市花園1-2313-1
TEL:04-2943-3671
売場面積:1711m2
駐車台数:101台
営業時間:9時~22時(通常時)
従業員数:計120人(社員20人、パートタイマー100人)
売上目標:22億円(初年度計画)
隣接共同出店:ドラッグストア、飲食店、美容室、歯科

<前へ 1 2 3

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧