流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





イトーヨーカドー/400種類以上のマスク集積「マスクの森」展開

2020年10月20日 15:50 / 店舗

イトーヨーカ堂は10月21日から、日常使いやファッション性を持った最大400種類以上のマスクと関連グッズを集めた売場「マスクの森」の展開を開始する。

今後、衣料品を取り扱う店舗中心に順次、全国の134店で展開する。

<マスクの森>
マスクの森

生活様式の変化により、感染予防にマスク着用が常態化する中、「マスクの森」では不織布マスクだけでなく、発熱効果があり着用すると温かさを感じるものや、大人から子どもなど、幅広い年代の使用シーンあわせたさまざまなマスクを、取り扱いする。

また、イトーヨーカ堂創業100周年特別デザインも限定発売する。

<マスクの森の全景>
マスクの森の全景

マスクの森では、衣類やタオル等にも衛生意識の高まりに対応した「抗ウイルス加工商品」の品ぞろえも増やすことで「いま欲しいもの」を、1つの店舗で購入できる便利な店舗を目指す。

新しい生活様式に対応した売場を提供することで、お客の楽しく豊かな暮らしをサポートするという。

関連記事

関連カテゴリー

店舗 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧