メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

セブンイレブン/沖縄で環境配慮型プラ使用スプーン・フォーク導入

2019年11月05日経営

セブン‐イレブン・沖縄は11月1日、沖縄県内のセブン‐イレブン23店(2019年10月末現在)で、環境配慮型のプラスチックを使用した「スプーン」「フォーク」を、本格導入した。

<環境配慮型のプラスチック使用のスプーン>
環境配慮型のプラスチック使用のスプーン

沖縄県内の店舗では、バイオマスプラスチックを使用した「レジ袋」を全店で導入しており、環境に配慮した取り組みを強化している。

今回さらに、弁当などの販売時に添付する「スプーン」「フォーク」に、植物由来の素材を30%配合したバイオマスプラスチックで作られた製品を導入する。

バイオマスプラスチックを使用することで、有限で枯渇が危惧される石油資源の使用を抑えることができる。

使用後燃焼などにより二酸化炭素が発生しても、原料となる植物の生成過程において吸収しているため、温室効果ガスの総量増加を抑制することができるという。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年08月12日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方