流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





ローソン/余ったクリスマスケーキを食品支援必要な家庭や学生などに寄贈

2021年12月23日 12:20 / 経営

ローソンは12月23日、食品支援を必要とする家庭、こども食堂、児童養護施設、障がい者福祉施設、藍野大学の学生に、店頭で予約販売するクリスマスケーキの余剰分を、12月24~25日のクリスマスに合わせて寄贈すると発表した。

同社が行う食品ロス削減の一環。余剰分のクリスマスケーキの寄贈は、去年に続き2回目となる。ローソンでは、前年実績や日々の予約状況からクリスマスケーキの製造数量を調整しているが、それでも一部余剰が出ており、これまで余ったケーキは物流センターで廃棄していた。

今回、物流センターやメーカーにも協力してもらい、コロナ下で困窮している学生や支援を必要とする家庭に余ったクリスマスケーキを寄贈することで、楽しいクリスマスを過ごしてもらうとともに食品ロスの削減につなげる。

クリスマスケーキは、一般社団法人の全国フードバンク推進協議会を通じて、寄贈先のNPO法人のフードバンクTAMA(東京都日野市)、認定NPO法人のフードバンク山梨(山梨県南アルプス市)、藍野大学(大阪府茨木市)に贈る。

ローソンは全国フードバンク推進協議会と連携し、これまでも支援を必要とする家庭に菓子や加工食品などの賞味期限の長い商品の寄贈を行っている。

関連記事

関連カテゴリー

経営 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧