メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

スタバ/アイス飲料の蓋なし提供、6月13日から全国に拡大

2022年06月09日経営

スターバックス コーヒー ジャパンは6月13日、店舗から出る廃棄物をさらに削減するため、店内のアイスビバレッジをリッド(蓋)なしで提供する取り組みを全国の店舗へ拡大する。

<蓋なし提供のイメージ>

2022年4月から113店舗で先行導入していたが、横浜市内の店舗では店内利用客の約半数がリッド(蓋)なしを選択するなどの結果が得られた。今回、全国の約1700店舗に拡大することで年間約100トンのプラスチック削減効果を見込んでいる。スターバックスが掲げる「2030年までに廃棄物を50%削減する」という目標に向けて、店内でのマグ・グラス提供の推奨、マイタンブラーの利用促進などの選択肢を提案し、使い捨て資材削減の歩みをさらに加速していく。

<FSC認証紙ストロー>

このほかの取り組みとして、2020年1月よりFSC認証紙ストローを段階的に導入し、現在は国内全店舗で提供。年間でプラスチック製ストロー2億本分削減される計画となっている。

<ペーパーカップ、ストロー不要リッド(蓋)提供>

2021年2月からは、国内店舗で2種計3品目を使い捨てプラスチックに代わって、紙カップとストロー不要リッド(蓋)で提供。2021年4月、対象を23品目へ拡大し、6700万杯分の資材削減を見込んでいる。

<国内106店舗 樹脂製グラス提供>
2022年4月より、フラペチーノなどのアイスビバレッジを店内利用時、樹脂製グラスでの提供を国内106店舗で試験導入。現在も実施中だ。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2022年07月05日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方