小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ファミリーマート/三重のイーネットATMでご当地言葉での音声対応を開始

ファミリーマートは12月2日、イーネットの協力のもと、三重県内のファミリーマート・サークルK・サンクス店舗合計約440店に設置しているイーネットATMで、三重のご当地言葉での音声対応を開始した。

東海地方でのご当地言葉対応のATM展開は、ファミリーマートとして初の取り組みとなる。

ご当地言語対応のATMは2012年7月に沖縄県で導入を開始し、三重県で7府県目となる。

三重県との連携に関する包括提携協定に基づく取り組みとして、三重県内4地域のご当地言葉での音声案内と、イーネットATMデジタルサイネージを活用した三重県内の観光名所などの紹介を実施する。

「いっらしゃいませ」を、「よう来たなあ。」(伊勢弁)、「ようおこし。」(伊賀弁)、「よう来たなあ。」(紀北弁)、「よう来たの。」(紀南弁)の4種類で表現する。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧