小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ココカラファイン/LINE Payを導入、キャッシュレス決済比率約40%

ココカラファインは1月30日、インコム・ジャパンが開発したシステムを利用し、モバイル決済サービス「LINE Pay」の取り扱いをグループ約1200店で開始する。

ココカラファイン、セイジョー、セガミ、ジップドラッグ、ライフォート、コダマなどで対応する。

<利用可能な決済方法>
利用可能な決済方法

現在、ココカラファインの会員カードである「ココカラクラブカード」のプリペイド決済比率は約20%超で、キャッシュレス決済の全体の比率は約40%に達している。

ココカラクラブカードには、VISAプリペイド機能が備わっており、ココカラファインの店舗で買い物をすると0.5%(プリペイド優待デーはプラス1.0%)がキャッシュバックされる。

お客の利便性向上のため、クレジット・電子マネー・ギフト券での決済に対応しており、新たにLINE Payを加えた。

LINE Payは、コミュニケーションアプリ「LINE」を通じて提携サービス・店舗での支払いやLINEの友達同士で送金ができるサービスで、国内3000万人以上が利用している。

店頭でLINE Payを立ち上げて表示したバーコードをレジで読み取るだけで、事前にチャージした残高から決済できる。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧