小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

J.フロントリテイリング/11月の連結売上は4.3%減

J.フロントリテイリング(2016年2月期売上高:1兆1635億円)が発表した11月の連結売上は前年同月比4.3%減となった。

セグメント別では、百貨店事業は4.5%減、パルコ事業は1.7%減、卸売事業は2.0%減、クレジット事業は4.5%増、その他事業は30.4%減だった。

百貨店事業は、気温が昨年より低く推移したことにより、婦人・紳士コートやマフラー、手袋など冬物ファッション衣料雑貨が好調に推移し、ラグジュアリーブランドや化粧品も売上を伸ばしたものの、心斎橋店本館建替え工事による売場面積減の影響に加え、日曜日が1日減であったことによるマイナス影響があった。

パルコ事業は、気温の低下によりコートなどの動きが良かったほか、生活雑貨、化粧品が好調であったことに加え、11月末日に閉店した千葉パルコの閉店セールが売上増に貢献したものの、総合空間事業のパルコスペースシステムズの工事受注の減少などが影響した。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧