小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ファミリーマート/大阪府吹田市「万博記念公園総合案内所」跡に出店

店舗/2019年08月07日

ファミリーマートは8月8日、大阪府吹田市の日本万国博覧会記念公園の総合案内所跡に「ファミリーマート万博記念公園店」をオープンする。

<ファミリーマート万博記念公園店>
ファミリーマート万博記念公園店

万博記念公園は、日本万国博覧会(大阪万博)の跡地に開園した公園で、太陽の塔・自然文化園・日本庭園・国立民族学博物館・各種運動施設の利用やイベントなどへの参加が利用している。昨年は年間約240万人の来園者があり、大阪府内外はもちろん海外旅行者も訪れる、大阪府の憩いの地となっている。

今回、万博記念公園の「おもてなし」のシンボルとして公園入口に位置していた総合案内所を改装し、新たに「ファミリーマート万博記念公園店」として営業を開始する。

通常のコンビニエンスストアの商品(ファストフード、米飯類などの中食、菓子・加工食品)・サービス(Famiポート、ATM、各種クレジットカード・電子マネーによる支払い等)を品ぞろえしているので、公園に訪れたついでに、買い物や公共料金の支払いなどもできる。

観光客への対応として、大阪のおみやげ(約20種類)などを販売する。カウンターコーヒーは、お客を待たせないように3台設置する。日用品の一部を縮小し、菓子やアイス・レジャー用品などの売場を拡大した。

来園者がゆっくりと休憩できるように、イートイン34席(店内14席、店外24席)を設けた。入口は2カ所(北側・東側)設け、お客の回遊性を向上させた。

北側入口が階段となっているため、階段下に「呼出しチャイム」を設置した。車椅子のお客から呼出しがあればスタッフが東側入口のスロープを使い、店舗への来店をサポートする。

あわせて、レジカウンターには車椅子用のコーナーを設けた。レジカウンター下に空間があるため、車椅子のまま間際まで近づくことができ、無理に手を伸ばすことなく楽に会計ができる工夫をした。

ファミリーマートでは、今回の大規模公園内への出店をはじめ、病院や駅構内・オフィスビル内、高速道路内のSA・PAなどのニューマーケットへの出店を積極的に推進するという。

■店舗概要
所在地:大阪府吹田市千里万博公園1
営業時間:7時~23時
店舗面積:約215m2
売場面積:約174m2

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧