メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

イオン九州/MV九州、イオンストア九州統合に伴い組織改革

2020年07月09日経営

イオン九州、マックスバリュ九州、イオンストア九州は7月8日、経営統合に伴う組織変更を発表した。

9月1日付のイオン九州を存続会社とする3社の経営統合に伴い、経営統合によるシナジー効果の最大化を早期に実現できる組織体制を構築するもの。

ディベロッパー及び戦略・管理機能を社長直轄とし、ポストコロナを勝ち抜く成長戦略と構造改革を推進。営業及び商品機能を副社長直轄とし、商販一体体制にて営業力強化とローコストオペレーションを実施する。

デジタルトランスフォーメーション責任者を配置し、デジタルを活用した顧客利便性、店舗の生産性向上、抜本的な業務改革、構造改革を進めていく。

「営業担当」、「商品担当」、「ディベロッパー事業担当」、「管理担当」を配置し 、担当取締役が配下の本部組織を統括する。

社長直轄組織として、「経営監査室」、「コーポレートコミュニケーション部」、「業務改革推進部」、「HC事業部」を配置する。

営業担当の配下に「SM・DS営業本部」、 「GMS営業本部」、「営業推進本部」、「新店・活性化推進部」を置く。

商品担当の配下に「食品商品本部」、「衣料・住居余暇商品本部」、「商品物流部」を配置する。

ディベロッパー事業担当の配下に「開発本部」、「SC本部」、「FC事業部」を設置する。

管理担当の配下に「人事総務本部」、「経営戦略本部」を置く予定だ。

また、佐々木勉マックスバリュ九州社長(イオン九州取締役)が統合後、9月1日付でイオン九州の代表取締役副社長に就く。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年08月12日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方