メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ロイヤルホスト、デニーズ/食品ロス削減の実証実験を共同で開始

2021年05月18日経営

ロイヤルホールディングスとセブン&アイ・フードシステムズは5月18日~2022年2月末、共同で食品ロス削減の実証実験を実施する。

ロイヤルグループで、外食事業を担うロイヤルフードサービスが展開するロイヤルホストとセブン&アイ・フードシステムズが運営するデニーズの合計計60店舗で、料理を食べきれなかったお客の希望者に無料で、100%植物由来の食べ残し持ち帰り専用容器を渡し、お客自身の責任で持ち帰ることによって、「おいしい食べ物を適量で残さず食べきること」「家庭から排出されるプラスチックごみの削減」の普及と啓発を推進する。

<モッテコの容器>
モッテコの容器

ロイヤルホストは、東京都内、関東圏、関西圏の計26店舗、デニーズは、東京都内のISO14001認証店舗、食品ロス削減認定協力店など34店舗でこの取り組みを実施する。

実証実験は今回、環境省「令和3年度地方公共団体及び事業者等による食品ロス削減・リサイクル推進モデル事業」である食品ロス削減活動「mottECO(モッテコ)」の導入モデル事業として採択された。

ロイヤルグループでは、国連が定めた「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成にむけて、2020年6月、事業会社横断の「食品ロス削減タスクフォース」を立ち上げた。さまざまな施策に取り組むことにより、ロイヤルグループ全体で食品廃棄量を直近5年間で約10%削減している。

デニーズでは、さまざまな施策の結果、店舗の食品廃棄量を直近5年間で20%以上削減してきた。お客を巻き込んだ「食べ切りキャンペーン」などにも取り組んできたが、それでも発生する食べ残しの持ち帰りについては、外食事業者として持ち帰り後の衛生リスクの観点から、積極的な啓発は控えていた。

今回、環境省から「自己責任による食べ残し持ち帰り=mottECO(モッテコ)」が発信されることとなり、その受け皿としてデニーズとロイヤルホストでmottECOを導入し普及促進に努め、事業者側の意識と消費者行動の変化を促す。

また、この取り組みでは、企業の垣根を越えて共通の新素材容器を使用することで食品ロス削減と脱プラスチックの両立を図る。

「mottECO(モッテコ)」とは、環境省で、利用者とお店の相互理解のもとで、飲食店などにおける食べ残しの持ち帰りをより身近な文化として広めることを目的として開催した「NEWドギーバッグアイデアコンテスト」で大賞に輝いたネーミング。

今回作成された「モッテコ」のロゴは、食べ残しを持ち帰ると、おいしくて笑顔、無駄が無くて笑顔、自分もエコに貢献できたことに笑顔、と、人々が笑顔になることを表現したデザインとなっている。

持ち帰り容器は、アミカテラの100%植物由来の新素材「modocell」を使用し、アテナ工業で技術開発を行なった容器。竹、デンプンなど植物素材から作られており、プラスチック不使用のため、燃やしても有害物質が出ず、二酸化炭素の排出を抑えた地球環境にやさしい容器。デンプン使用するため、デンプンの焼けた植物由来の甘い香りがするという。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2022年07月03日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方