メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ファミリーマート/配送トラックの一部で再生燃料使用、温室効果ガス90%削減

2021年05月31日経営

関連キーワード:

ファミリーマートは6月初旬以降、ファミリーマートの横浜市内の配送センターで、配送車両の一部において、軽油に代わる燃料としてリニューアブルディーゼル(Renewable Diesel、以下:RD)を100%使用すると発表した。

伊藤忠商事、伊藤忠エネクス、ファミリーマートの3社は、世界最大級の再生可能資源由来の燃料(以下:リニューアブル燃料)メーカーであるNeste OYJ(以下:NESTE社)社グループと協働で、RDの日本初となるコンビニ配送車両への利用を実現した。この取り組みを契機に、伊藤忠グループでは、陸上輸送分野でのリニューアブル燃料ビジネスに本格参入し、サーキュラーエコノミー、脱炭素社会の実現を目指す。

伊藤忠商事は、NESTE社との間でRDの日本国内向け輸入契約を締結。伊藤忠エネクスは、国内でのRD輸送・給油に係る一連のサプライチェーンを構築している。

この取り組みを活用し、ファミリーマートは、6月初旬以降に、ファミリーマートの横浜市内の配送センターで、配送車両の一部において、軽油に代わる燃料としてRDを100%使用する。陸上輸送分野でのGHG(Greenhouse Gas:温室効果ガス)排出削減を可能にするRDを燃料とした配送車両の走行としては、国内コンビニ業界で初めての運用になるという。

NESTE社は、食品競合のない廃食油、動物油などを原料とした、RD、持続可能な石油代替航空燃料(Sustainable Aviation Fuel(以下:SAF)などを製造している世界最大級のリニューアブル燃料メーカー。伊藤忠商事とは過去数年の協働を経て、2020年10月のSAFの日本国内向け供給を実現した。循環型低炭素社会の実現に向けた取り組みを強化するため、RDの分野での拡大に至った。

NESTE社のRDは、ライフサイクルアセスメントベースでのGHG排出量で、石油由来軽油比約90%削減を実現する。

RDは主に輸送用トラック・バスなどで使用され、いわゆる「ドロップイン」燃料として、既存の車両や給油関連施設をそのまま利用開始することが可能で、すでに欧米を中心に、広く流通実績があるという。脱炭素施策に係る導入コストを最小限に抑え、GHG排出削減にも大きく貢献できる次世代リニューアブル燃料として、今後の陸上輸送分野でのさらなる利用拡大が期待されている。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2022年05月27日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方