小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ファミリーマート/福岡県のATM、3つのご当地言葉で音声対応

ファミリーマートは10月3日、福岡県内のファミリーマート合計約460店に設置しているイーネット ATMで、福岡県のご当地言葉での音声対応を開始した。

イーネットの協力のもと、取引開始時・取引終了時に、福岡県の3つのご当地言葉でご挨拶「いらっしゃいませ」「ありがとうございました、またお越しください」の音声を、福岡県限定バージョンに変更した。

筑前方言では「いらっしゃいませよーきんしゃったね」「ありがとうございました またきんしゃい」、豊前方言は「いらっしゃいませ よーきたねー」「ありがとうございました またこんね」、筑後方言は「いらっしゃいませ よーこらっしゃったね」「ありがとうございました またこんねー」。

ご当地言葉は、福岡教育大学 杉村孝夫名誉教授が監修、各地域の音声は福岡銀行の行員が担当した。

ご当地言葉の音声対応は、2012年7月の沖縄県を皮切りに、ご当地言葉対応のイーネットATMの展開を拡大し、福岡県で8府県目。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧