流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





ファミリーマート/九州地区でセルフレジの導入開始

2018年08月03日 14:20 / IT・システム

JR九州リテールは8月3日から順次、JR九州のエキナカ店舗を含むファミリーマート10店に、各種電子マネー、クレジット、Tポイント支払い専用のセルフレジを導入する。

<セルフレジ>
セルフレジ

初導入店舗は、福岡市のJR吉塚駅構内の「ファミリーマートJR吉塚駅店」となる。

セルフレジは、食品、日用品、雑誌、本、新聞などの税込4000円未満の会計に利用できる。

酒、タバコ、代行収納、POSAカードなど、一部商品は、セルフレジは利用できない。

現金での支払いはできないが、商品登録前にTカードを通すと、Tポイントが貯まる。

バーコードのない新聞などは、画面のタッチパネルで登録する。

現在、ファミリーマートは、お客のレジ混雑緩和によるお客の利便性向上を目的に、セルフレジの導入拡大を図っているという。

関連記事

関連カテゴリー

IT・システム 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧