メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

イトーヨーカドー/「COMPANY」で約3万7000人の人事情報を一元管理

2022年07月26日IT・システム

関連キーワード:

Works Human Intelligence(以下:WHI)は7月26日、イトーヨーカ堂が人事情報の一元管理と従業員の利便性向上を実現するために、WHIの統合人事システム「COMPANY」の利用を決定したと発表した。

<「COMPANY Web Service」イメージ画面>
COMPANY Web Service

「COMPANY」はWHIが提供する大手法人向け統合人事システム。さまざまな業種業態、約1200法人グループへの導入実績がある。企業環境の変化に対応するための標準機能の強化を、定額保守料の範囲内で行うことで、大手法人の人事業務効率化、ITコストの見える化に貢献するという。

イトーヨーカ堂は、衣食住に関連する商品を取り扱う総合スーパーとして日本国内128の店舗(2022年6月末現在)を展開しており、パート・アルバイトを含めて約3万7000人の従業員が勤務している。

今回、「COMPANY」採用で約3万7000人の人事データベース構築を推進。ペーパレス化の実現で店舗の業務負荷軽減を図る。

店舗で働く従業員は「顧客に寄り添った接客や売り場づくりの時間の確保」、本社で働く従業員は「リアルタイムで申請情報等の確認による効率的な店舗バックアップの実現」など、今まで以上にひとりひとりが本来やるべき業務へ注力できる環境づくりの実現に向けて「COMPANY 人事」「COMPANY Web Service」の導入が決定した。さらに、2022年8月頃には入社手続き業務をサポートする「COMPANY 雇用手続き管理」を導入予定だ。

書類、表計算ソフトなどで管理している人事情報を「COMPANY」上で一元管理。それによって店舗・人事部門双方の業務効率化ができる。

「COMPANY Web Service」では、従業員が人事部門に提出する各種申請業務をWeb上で実施可能になる。このペーパレス化により、イトーヨーカ堂の人事申請書類を約80%削減することが期待されている。

また、デジタルツールの利用に慣れていない人も利用しやすいユーザーインターフェースを採用している。ひとりひとりにPCを貸与しなくても、個人のスマートフォンを利用して住所変更などの手続きが可能になる。

■Works Human Intelligence Webサイト
https://www.works-hi.co.jp/

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2022年08月10日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方