小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ペッパーランチ/既存店売上63か月連続プラス、セブン‐イレブン超え

ペッパーフードサービスは、国内ペッパーランチ(事業)店舗(クニズなどペッパーランチタイプ店舗含む)の既存店昨年対比売上が63か月連続で 100%超えを達成し継続中、と発表した。

<ペッパーランチの既存店売上推移>
ペッパーランチの既存店売上推移

コンビニ最大手のセブン‐イレブンで同様の記録を見ると、セブン‐イレブンは昨年62か月連続でストップしている。

ペッパーフードサービスでは、2009年9月O-157食中毒事故の影響で、業績は大きく悪化、店舗数も減った。

しかし、2010年7月に店舗で塊肉をカットして提供するワイルドステーキを導入により、業績が徐々に上向き、2011年黒字に転換。2012年2月、監査法人によるGC条項が解除された。

同年9月「ペッパーランチダイナーUENO3153店」を開店し、11月から63か月(5年以上)連続での既存店売上が上昇している(2018年1月末現在)。

5年前1店舗平均売上は約450万円だったが、現在は約770万円に上昇。

客単価は、路面店で800円、フードコートで700円だったが、現在は、路面店で1120円、フードコートで940円となっている。

2014年に券売機を廃止しレジへの移行するなど、価値の向上に努め、ステーキのファーストフードから、クイックサービスステーキレストランへの進化を目指している。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧