小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

イオン/台湾で話題「タピオカ専門店」イオンモール成田に日本初出店

店舗/2019年06月18日

イオンモールは6月28日、千葉県成田市のイオンモール成田に台湾で話題のタピオカ専門店「WHO’S TEA(フーズティー)」日本第1号店をオープンする。

<フーズティー>
フーズティー

2011年に台湾の台中で1号店を出店。現在、台湾に40店舗、中国、アメリカなどに19店舗を展開している。

店内で手づくりする無添加の台湾製生タピオカにこだわっている。

種類は、いちご、抹茶、黒ゴマ、マンゴーなどバリエーション豊富な品揃えで、タピオカドリンクの製造過程を、店頭で楽しめる。

<タピオカドリンクが人気>
タピオカドリンクが人気

また、新鮮なタピオカからつくるドリンクは全部で15種類。ドリンク以外にもサンドイッチなど人気のフードメニューも提供する。

「WHO’S TEA」とは、中国語で「ひげ茶」という意味で、ひげをブランドのモチーフとし、カップやストッパー、店内などさまざまな場所にデザインしている。

同社は、海外展開で培ったノウハウを生かし、これまでも「阿香米線(アーシャンライスヌードル)」や「ホテル・ショコラ」などを誘致してきた。

今後も日本未進出の海外企業を積極的に誘致し、顧客に新たなショッピング体験を提供していく。

■フーズティー
所在地:千葉県成田市ウイング土屋24 イオンモール成田1階
店舗面積:約60m2

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧