小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ららぽーと TOKYO-BAY/「ららストリート」に動く歩道導入

店舗/2019年06月28日

三井不動産は6月28日、「三井ショッピングパーク ららぽーと TOKYO-BAY」(千葉県船橋市)とJR「南船橋駅」をつなぐ鉄道高架下の誘客路「ららストリート」に「動く歩道(水平エスカレーター)」を設置した。

<「ららストリート」に動く歩道導入>
「ららストリート」に動く歩道導入

「ららストリート」は、2000年の運用開始以来、「ららぽーと TOKYO-BAY」とJR「南船橋駅」をつなぐ鉄道利用で来館者の主要なルートとして利用されてきた。

今回、動く歩道(水平エスカレーター)を導入し、施設へのアクセス利便性を向上させた。

あわせてシェルター(屋根)を設置することで、高架吹き抜け部分からの雨天時の雨懸かりに対応。

さらに、そのシェルターにはリアルタイムで館内情報を届けるデジタルサイネージも設置した。

高架橋柱のデザインをはじめ、「ららストリート」周辺環境も刷新し、ららぽーとのゲートウェイとしてのおもてなし感を演出する。

<「ららストリート」詳細>
「ららストリート」詳細

■ららストリート 施設概要
所在地:千葉県船橋市浜町2、若松1、若松2の一部
運用開始:2000年10月
敷地面積:約9700m2
全長:約295m
付帯設備:動く歩道(水平エスカレーター)3カ所(61m、53m、29m)往復の計6基
シェルター(屋根)7カ所
デジタルサイネージ14台(自立式2台含む)

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧