流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





イオン/全国801店直営売場「レジ袋無料配布」4月1日終了

2020年02月28日 13:30 / 経営

イオンは2月28日、資源を無駄にしないライフスタイルの定着に向け、全国の「イオン」「イオンスタイル」「イオンスーパーセンター」など全801舗の衣料品・暮らしの品を含む直営全売場で、4月1日レジ袋の無料配布を終了すると発表した。

<FSC認証紙袋イメージ>
FSC認証紙袋イメージ

2013年より食品売場で販売しているバイオマス原料配合のレジ袋に加え、衣料品・暮らしの品売場のレジ袋においても6月より順次、FSC認証紙袋やバイオマス配合の環境配慮素材に切り替える。

また、希望者には食品・暮らしの品売場ではプラスチック製レジ袋M2円、L3円、LL・3L・4L5円、衣料品売場はS・M3円、L・LL・3L5円、衣料品・ギフト用の紙袋は一律10円で販売する。

イオンは1991年より、「買物袋持参運動」を開始し、顧客とともにレジ袋の削減に取り組んでいる。2007年からは、食品売場のレジ袋無料配布中止をすすめてきた結果、実施店舗での辞退率は約80%を超えているという。

関連記事

関連カテゴリー

経営 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧