メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

東京駅/エキナカ商業施設で飲料水のサブスクリプション開始

2020年10月26日経営

JR東日本グループの鉄道会館は10月30日、丸井グループが推進する環境貢献を目的とした給水サービス「Q-SUI」への店舗参画を実施する。

<利用スキーム>
利用スキーム

Q-SUIとは、ウェブサイトの専用ページで加盟店を検索し、好きな店舗でマイボトルに給水ができる月額550円(税込)のサービス。給水スポットとして登録されているカフェなどの店舗で、浄水フィルターを通した水道水やフルーツウォーターなどが給水でき、また、利用によって削減できたペットボトルの本数を見える化できるサービスとなっている。

10月30日に、取組みに賛同する7店舗から開始し、今後、順次拡大する予定だ。

環境問題への関心が高まる中で、プラスチックの削減は企業の責務となってきており、JR東日本は2019年10月に「SDGs達成に向けたJR東日本グループの新たな取組みについて」を発表し、プラスチックの削減を宣言している。

この公約を受けて、鉄道会館は商業施設デベロッパーの立場として、各店舗と共にプラスチックの削減に取組んできた。

今回、丸井グループとの協業の一環として、同社が開発する給水サービスへ参画することによって、喉を潤すためだけにペットボトルを買っているお客に対し、マイボトルの利用促進を目指し、環境貢献の最初の行動を促すきっかけを創造するために「Q-SUI」へ参画することを決定した。

■Q-SUI
https://www.qsui.jp/

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年12月03日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方