メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

小売向け商品需要予測/「売りドキ!予報」福岡市実験で24%食品ロス削減

2020年12月04日経営

日本気象協会は12月4日、小売業向け商品需要予測サービス「売りドキ!予報」の福岡市バージョンの実証実験結果を発表した。

2020年9月より実証実験を開始している。その結果、実験の参加企業8社のうちの1社である唐人ベーカリーでは、売り上げ上位30品目で、実証期間の2020年9月・10月の廃棄率が、前年同時期と比べて全体で24.4%削減、実験期間直前の7月・8月と比べ14.8%削減した。

<24.4%食品ロス削減>
24%食品ロス削減

また、需要が低くなる「不調傾向」のときに、特に廃棄率を大幅削減できたという。

<「不調傾向」の廃棄率を大幅に削減>
「不調傾向」のときに特に廃棄率を大幅に削減

現在、福岡市では、通常の「売りドキ!予報」で提供する660種以上のカテゴリの需要予測指数に加え、福岡市で消費量の多い商品、ワークショップで検討された廃棄傾向の多い商品を追加した、福岡市オリジナルの「売りドキ!予報」を活用し実証実験を行っている。

参加企業(スーパーマーケット、パン屋など)へのアンケート調査と併せて実証実験前後の売り上げ、廃棄量データを比較し、「売りドキ!予報」の需要予測情報、気象情報が、小売業者での過剰な仕入れ、インストア加工によって発生する食品ロスの削減効果にどれだけ効果があるかを検証している。

■気象予測にもとづいた福岡市版需要予測情報活用による食品ロス削減実証実験
内容:ワークショップを開催 (全4回)、福岡市バージョンの 「売りドキ!予報」
実証実験(福岡市に拠点を置く小売業8社が受発注量、棚割りの調整を実施)
実施期間:2020年9月~2021年1月
福岡市HP:https://www.city.fukuoka.lg.jp/kankyo/jigyoukeigomi/hp/kenkyuuhojyokin.html

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2021年01月21日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方