小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ローソン/15年ぶり「おにぎり屋」全面刷新、ご飯・海苔・塩にこだわり

商品/2017年10月27日

ローソンは10月31日、15年ぶりに「おにぎり屋」を全面刷新し、新商品を順次発売する。

<新「おにぎり屋」>
新「おにぎり屋」

「おにぎり屋」は、ローソンが2002年11月に立ち上げ、15年間販売し続けているおにぎりのオリジナルブランド。今回発売15周年を迎えるにあたり、おにぎりの基本である「ご飯」、「海苔」、「塩」について、製法・管理方法等を変更した。また、具材に関しても質を高め、量目を増やすなどの改良した。

ご飯は、本来の甘みを引き立てるため、これまで行っていた「塩水炊き」から、ご飯を炊いた後でふり塩を行う「ふり塩製法」に変更した。

炊飯品質管理特別チームを立ち上げ、おにぎり製造工場(約40工場)に定期的に派遣。米の配合や炊いたご飯の品質を数値化し管理している。

海苔は、防湿性の高い包材に変更し、海苔を湿気から保護した。包材開封後2時間以内に使用し、パリパリした歯切れの良い海苔を実現している。

塩は、「ふり塩製法」に適した、まろやかな旨みのある瀬戸備前にがり塩を使用。

具材には、三菱商事の調達力などを活用し、鮭などの品質の高い原材料を調達している。

また、手巻おにぎり、直巻おにぎり、新潟コシヒカリおにぎりの包装フィルムに「バイオマスインキ」を使用。年間のCO2排出量を約37トン削減することが可能になった。

15年続くロングセラー商品「新潟コシヒカリおにぎり 焼さけハラミ」(税込198円)は、脂のりの良いチリ・ノルウェー産のアトランティックサーモンのハラミを今回初めて塩糀に漬け込み、香ばしく焼き上げた。

そのほか、「新潟コシヒカリおにぎり 炙り生漬たらこ」(185円)、「新潟コシヒカリおにぎり 天然紅鮭」(175円)、「新潟コシヒカリおにぎり いくら」(175円)などをラインアップしている。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧