メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

日本ユニシス/「読書アシスト技術」商業施設のデジタルサイネージ広告実験に提供

2021年07月21日IT・システム

日本ユニシスは7月21日、「読書アシスト技術」をSBクリエイティブが商業施設で実施するデジタルサイネージ広告の実証実験に提供すると発表した。

実験は、福岡県の商業施設に一定期間(7月19日~8月8日を予定)、読書アシスト技術を適用した文章中心の広告コンテンツをデジタルサイネージにて表示する。その様子をセンサーなどで検知し、広告として訴求力があるかを検証する。

「読書アシスト技術」は、人間が文章を読む際の視点移動に着目し、無駄なく視点移動を行うように文章を表記することで、自然とスムーズな読書を可能にする。文章の改行場所を文節の間に調節した文節間改行方式、隔行単位で背景色を付与するストライプ型背景色、文字のベースラインを文節単位で階段状に下げていく階段状ベースライン方式、冒頭文字を階段状に字下げする表示方式などを採用するもの。

「読書アシスト」技術を適用したレイアウトでは、1分間に読める文字数が、一般的に400~600字程度であることに対して、特別な速読の訓練をしなくても、最大で1000文字程度まで、約1.5~2倍のスピードに向上させることが可能。そのため、文章を中心とした広告が、新たなデジタルサイネージ広告のコンテンツになることが期待できるという。

読書アシストは大日本印刷の独自技術であり、日本ユニシスは大日本印刷から利用許諾をうけ読書アシスト技術を使用したサービスを展開している。

■読書アシスト公式ホームページ
https://lp.reading-assist.com/

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2021年07月30日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方