流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





日本ユニシス/小売向けAIロボの「棚割実態把握機能」提供開始

2021年10月07日 13:50 / IT・システム

日本ユニシスは10月7日、小売店舗向け業務代行AIロボット「RASFOR」において、「棚割実態把握機能」を提供開始した。

<自律走行型AIロボットRASFOR>
自律走行型AIロボットRASFOR

「RASFOR」は自律走行型AIロボットで、棚に並ぶ数千の商品を対象に、売価・POP期限・品切れのチェックを行う。

「棚割実態把握機能」は、「RASFOR」が撮影する棚画像をAIが解析し、棚の陳列状況を画像と数値データに出力する機能。店舗の棚陳列状況を画像解析に基づき数値化し、店舗運営の省力化と売上増を支援するもの。

小売業の本部にとって、店舗の棚陳列状況の把握は、陳列在庫切れによる売上ロス防止など、売上に直結する一方、人手に頼るしか解決できない課題だが、AIロボットによるデータの可視化により、大幅な業務改善が見込めるという。

<棚の陳列状態を個別商品単位で把握できる>
棚の陳列状態を個別商品単位で把握できる

「棚割実態把握機能」では、ロボットが撮影した棚画像とともに、AIの画像解析により、棚情報をCSVデータに変換する。業務システムと連携することで、商品情報を紐づけることができ、データ上に出力することが可能。データ化される情報は、棚割情報・品切れチェック情報・売価チェック情報の3種類となる。

AIロボットに「棚割実態把握機能」を組み込むことにより、棚の陳列状態を、個別商品単位で正確に把握でき、人手に頼る売場実態調査を代行する。収集した実態データは、棚割や売場の改善につながる重要な要素として、売上増減の要因分析に活用できる。

■日本ユニシス問い合わせ先
https://www.unisys.co.jp/newsrelease_contact/

関連記事

関連カテゴリー

IT・システム 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧