メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

JAL、第一生命など登壇/バックオフィスからの働き方改革無料WEB開催

2020年07月28日セミナー

マイナビは9月3日、オンラインセミナー「全体生産性から導く「働き方改革」主導法~バックオフィス部門から“新たな生産性を”~」を開催する。

労働人口の減少、IT、グローバル化によるビジネスモデルの変革、企業を取り巻く環境は激変している。昨今のコロナショックで、改めて企業全体の「働き方改革」主導法が問われている。

<全体生産性から導く「働き方改革」主導法を解説>
全体生産性から導く「働き方改革」主導法

ワークライフバランスが根付き、人生100年時代に、人事、総務、経理などのバックオフィス部門が自部門の業務効率化を考えるだけでなく、企業全体の生産性を向上させるために何に取り組むべきか、ルーチン業務の効率化の先に何があるのかが問われている。

今回のセミナーでは、「働き方改革」を主導する専門家、ベンダーが集い、会社全体の生産性を向上するためにどう取り組むべきか、IT活用だけでは解決できないポイントはどこか、どのような思想、ソリューションが必要なのかなど会社全体の生産性向上の最適解を考察する。

■開催概要
開催日:2020年9月3日(木)11:00~16:40 
定員:定員なし
参加費:無料
開催会場:web配信のみ。視聴方法は受付完了後に案内。
主催:マイナビ マイナビニュースセミナー運営事務局
協賛:SmartHR、インフォマート、NTTコムウェア、ドキュサイン・ジャパン
協力:ネクプロ(オンラインWebセミナー 配信協力)

■詳細・申込
https://news.mynavi.jp/itsearch/seminar/400

■プログラム
11:00~11:40 基調講演 いまこそ加速!働き方改革~1000社の事例と具体的な導入法~
小室 淑惠氏
ワーク・ライフバランス
代表取締役社長
ワーク・ライフバランス代表取締役社長1000社以上の企業へのコンサルティング実績を持ち、残業を減らして業績を上げるコンサルティング手法に定評があり、残業削減した企業では業績と出生率が向上している。著書に『働き方改革』(毎日新聞出版)等多数。「産業競争力会議」民間議員など複数の公務を歴任。2児の母

新次元の働き方改革が出来るかどうかが問われている。今回、コロナを機に変化してきた働き方を加速させ、定着させるには。コロナに対応するだけでなく、その先の新次元の経営にジャンプアップするために、経営者・人事・管理職はそれぞれどう具体的に働き方を変えるべきか。事例を含めて解説する。

11:50~12:30 Coming Soon
講師調整中
SmartHR

12:40~13:20 ニューノーマル時代の経理部門業務改革セミナー
源栄 公平氏
インフォマート
事業推進2部
部長

長年にわたり経理業務の改善提案に従事し、約40万社が利用する電子請求書サービス『BtoBプラットフォーム請求書』の普及に大きく貢献。請求書電子化の最前線を担うリーダーとして、日本全国413万社の請求書の電子化に向けて取り組んでいる。

テレワークが浸透しつつあるが、請求書など「紙」を扱う経理部門は、まだまだテレワーク浸透率が低いのが現状。同セミナーでは、2020年10月に施行される電子帳簿保存法改正を踏まえ、企業の経理部門の新しい働き方のノウハウについて、事例を踏まえながら説明する。

13:30~14:10 事例講演1 RPA×AI×人による生産性向上・働き方改革
拝田 恭一氏
第一生命保険
執行役員

第一生命に入社し、これまで主に保険引受業務の企画や事務オペレーション企画を担当。RPAの全社展開や保険手続きのデジタル化などのプロジェクトをリード。RPAやAIなどの先端技術を実際の業務への導入を積極的に進め、テクノロジー活用による既存事業の生産性向上とサービス向上の責任者。

第一生命では2017年度よりRPAの全社展開を開始し、年間約15万時間の定型業務の削減を実施してきた。RPAの展開やデジタル化を進めるには社内の体制づくりや現場で働く社員の協力が不可欠。コロナ禍ではデジタル化の推進が益々重要な戦略になっている。第一生命が推進してきたRPAやAIを活用したデジタル化の取組や将来の構想について紹介する。

14:20~15:00 ニューノーマル時代の働き方を支える環境づくりとは
講師調整中
NTTコムウェア

テレワーク、フレックス勤務、時差出勤。働く場所、働く時間の多様化が進んでいる。社員が安心して働き、会社と同じように効率よく働ける環境が企業全体の生産性を高める。同セッションでは、この多様な働き方を支える仕組みや業務を効率化する同社サービスについて、事例を交えて説明する。

15:10~15:50 Coming Soon
講師調整中
ドキュサイン・ジャパン

16:00~16:40 事例講演2 社員がイキイキと働ける環境を目指して 日本航空が実践する働き方改革
小田 卓也氏
日本航空
執行役員 人財本部長

1986年早稲田大学卒業後、日本航空に入社。成田空港の旅客部門に配属。その後、客室部門、整備部門および運航部門といった航空会社のオペレーションを支える部門を経て、2016年より人財本部長。現在は社員の意識改革をはじめ、採用や人事など の統括、ダイバーシティ、ワークスタイル変革や健康経営 の実践に取り組む。

日本航空では、これまで社員がイキイキと働ける環境を目指し、ダイバーシティー&インクルージョンの推進とあわせてワークスタイル変革を段階的に進めてきた。経営破綻から現在に至るまでの取り組み、そしてコロナ禍から考える今後の「New Normalな働き方」の実践について紹介する。

■問い合わせ先
マイナビ ニュースメディア事業部 マイナビニュースセミナー運営事務局
mj-event@mynavi.jp

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年08月06日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方