小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ヨーク/イトーヨーカドー食品館新宿富久店を「ヨークフーズ」に刷新

店舗/2020年06月16日

ヨークは6月17日、「イトーヨーカドー食品館新宿富久店」を改装した新たな食品スーパーマーケット「ヨークフーズ新宿富久店」をオープンする。

<ヨークフーズ新宿富久店>
ヨークフーズ新宿富久店

同店は、セブン&アイグループが成長戦略の要と位置付ける「首都圏食品戦略」の取り組みの一環として「イトーヨーカドー食品館新宿富久店」を新屋号「ヨークフーズ」に変更。運営の仕組み、商品、売場レイアウトも同時に刷新した、初の店舗となる。

新宿区・富久エリアは、オフィスと住宅街が隣接する街並みとなっており、日中はランチ向け惣菜などの需要が高いエリア。昼は弁当、惣菜など「中食ニーズ」に対応するための品揃えを強化した。夕方にはごはんの支度を簡単・便利にサポートする生鮮品を取り揃え、一日の中でも移り変わる食のニーズに、きめ細かく対応できる店づくりを目指した。

<惣菜売場を改装前の1.2倍に拡大>
惣菜売場

「中食ニーズ」への対応として、惣菜売場スペースを改装前の1.2倍に拡大。自営ベーカリー「Bonheur(ボヌール)」を新設してランチ、朝食に便利な品揃えを実現する。

<フリーズドライ、スープなどの売場をひとくくりに>
フリーズドライ

ランチ、忙しい日の食卓に、ワンサーブでお湯や牛乳などを注ぐだけでプラス1品が完成するフリーズドライ商品、スープなどの売場をひとくくりにまとめて展開した。

「内食ニーズ」への対応としては、基本となる生鮮食品の鮮度、量目の幅にこだわり、日々品揃えを充実させる。

<中国・韓国・タイなどの簡便調味料を多彩に品揃え>
簡便調味料

また、都心部ならではの品揃えとして、アジア系を中心とした諸外国で親しまれる簡便調味料、上質商品の拡充を図った。

ニーズに応じた選ぶ楽しさを追求した買い回りがしやすい店舗作りを目指す。

レイアウトでは、ベーカリー、惣菜売り場、セルフレジを入口近くに配置し、買い回りの効率を高めた。

<買い回りの効率を高めたレイアウト>
レイアウト

生鮮品(精肉・青果・鮮魚)と加工食品を中心に品揃えの幅を広げ、普段使いにも便利な店を実現していく。

<周辺地図>
周辺地図

■ヨークフーズ 新宿富久店
所在地:東京都新宿区富久町17-2
売場面積:1648m2
TEL: 03-3353-8811
FAX番号:03-3353-8857
駐車台数:47台
営業時間:10時~23時(通常時)
従業員数:計86人(社員21人、パートタイマー65人)※8時間換算
商圏人口:約11万6500人(約7万5000世帯)※半径1.5kmの基礎商圏内

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

流通最前線一覧