小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ローソン/夕食に総菜アレンジ、有職女性・シニアに中食提案

ローソンは、有職女性やシニア層に向け、からあげなど総菜を夕食シーンに提案する。

<夕食シーンにローソンの総菜提案>
夕食シーンにローソンの総菜提案

3月6日から、仕事と家事を両立したい、新しい趣味を始めたいなど忙しい現代人に向け、身近な「ごちそう」を提供する「ごちろう。」企画を開始。

<10分でできる時短メニューも>
10分でできる時短メニューも

「ごちろう。」では、揚げ物、惣菜、サラダ、スープなど、夕食、朝食、休憩時間など様々なシーンに合わせ、総菜やスイーツを食べたくなる食シーンを紹介する。

<3月は揚げ物を使ったメニューを一押し>
3月は揚げ物を使ったメニューを一押し

3月は特に、鳥のからあげ、コロッケなど揚げ物を夕食の食卓に加えることをアピール。そのまま食卓に載せるだけでなく、カレーやチーズなど他の食材と組み合わせ、アレンジすることで、ローソンでの買い物で夕食の支度ができることを提案する。

同社調べによると、平均60分かかる夕食の準備も、ローソンの総菜などを使い、アレンジメニューに置き換えると、平均15分まで準備時間が短縮できるという。

ローソンでは、従来のコアターゲットの20~30代単身男性の需要から、有職の30~40代女性、シニア層のスーパー代替の需要が伸びており、夕夜間の客単価は高めになり、購入点数が増える傾向にある。

客数構成比も50代15%、60代以上20%、全体の女性客数構成比も45%となっている。

新たなターゲットである有職女性・シニア層に向け、既存の商品を生かしながら、新たな食シーンを提案することで、中食需要の取り込みを目指す。

4月はUchiCafeシリーズのリニューアルに伴う、自分へのごほうび「ごちろう。」、5月はゴールデンウィークを見据え外で弁当などを食べる「ごちろう。」と季節感を取り入れた商品の打ち出しも行う。

3月5日に行われれた「ごちろう。体験会 with クックパッド」では、ホテル雅叙園東京西洋料理長の大庭氏による総菜アレンジメニューを披露。

<大庭氏による総菜アレンジメニュー>
大庭氏による総菜アレンジメニュー

「毎日忙しく時間に追われている」「日々の献立決めに困っている」クックパッドユーザーに、献立を副菜から決めることでバランスをとることや、料理に高さを出して見栄えよく盛りつけるコツなどを大庭氏、料理研究家の森崎友紀氏が紹介した。

<森崎氏と大庭氏>
森崎氏と大庭氏

■「ごちろう。」HP
https://www.lawson.co.jp/campaign/gochilaw/

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧