小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ファミリーマート/「お母さん食堂」売上20%増、購入者平均客単価2倍に

ファミリーマートは1月7日、オリジナル惣菜「お母さん食堂」シリーズの2018年11月末時点の売上高が前年比20%増となったと発表した。

家庭用に購入するケースが多く、「お母さん食堂」を購入するお客の平均客単価は約1350円となり、ファミリーマート全体の約580円と比べて2倍以上となっている。

商品ラインナップ数は約140種類と2017年の約60種類と比べ倍増させた。

<お母さん食堂>
お母さん食堂

現在、トップシール商品(即食需要に対応した、ガス置換充填の食べきりサイズのトレイパック)約30種類、パウチ商品(買い置き需要に対応した、パウチタイプのスープやハンバーグなど)約30種類、袋入惣菜(開いてそのままお皿になるおつまみなど)約5種類を展開。

ワンハンド商品(片手で手軽に食べられるおつまみなど)約15種類、その他惣菜(即食需要に対応したおかずなど)約10種類、魚惣菜(食卓出現頻度の高い焼き魚など)約5種類、冷凍食品(唐揚げや餃子などのおかずや、チャーハンやラーメン、パスタなどの1皿料理)約45種類を販売している。

ファミリーマートでは、少子高齢化や女性の社会進出、共働き世帯の増加、単身世帯の増加など環境の変化を背景に、惣菜の強化に取り組んでおり、2017年9月から「お母さん食堂」を開始している。

<お母さん食堂のカレーポテト>
お母さん食堂のカレーポテト

2019年の幕開け商品として、おせちに飽きたら食べたいメニューとして人気の高い「カレー」を使った商品「お母さん食堂 カレーポテト」(税込298円)を1月8日から発売する。

「スパイスをまぶしたポテトフライに、カレーミートソースとチーズソースをかけ、ピリ辛チョリソーをトッピングした。受カレーなど受験シーズンのゲン担ぎとしてもおすすめの商品」(同社)。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧