メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

専門家会議/「スーパーは1人か少人数で」接触8割減の10ポイント

2020年04月23日行政

新型コロナウイルス感染症対策専門家会議は4月22日、緊急事態宣言で目指す人との8割の接触の削減ができていないとの認識の下、「人と接触機会を減らす、10のポイント」を具体的にイラストも交えて提示した。

人との接触を8割減らすといっても分かりにくいといった声があることに対応したもので、「新型コロナウイルス感染症対策の状況分析・提言」の中で発表した。

<人との接触を8割減らす、10のポイント>
人との接触を8割減らす、10のポイント
出典:厚労省発表資料

10のポイントは、緊急事態宣言の中、誰もが感染するリスク、誰でも感染させるリスクがある。新型コロナウイルス感染症から、あなたと身近な人の命を守れるよう、日常生活を見直してみようと呼びかけている。ポイントは以下の通り。

1.ビデオ通話でオンライン帰省
2.スーパーは1人または少人数ですいている時間に
3.ジョギングは少人数で、公園はすいた時間、場所を選ぶ
4.待てる買い物は通販で
5.飲み会はオンラインで
6.診療は遠隔診療、定期診療は間隔を調整
7.筋トレやヨガは自宅で動画を活用
8.飲食は持ち帰り、宅配も
9.仕事は在宅勤務、通勤は医療・インフラ・物流など社会機能維持のために
10.会話はマスクをつけて

提言では、人流分析から、外出自粛が要請されているなかで、公園やスーパーなどにおいて週末に多くの人が集まっている場での感染対策の必要性が課題となっていると指摘した。

8割の接触機会の低減の具体策については、市民にとって、公園やスーパー、商店街などにおいて、人と人との距離をとるよう気をつけることなど具体的にどのように行動すべきかが分かりやすいような形での周知広報に努めるべきであるとした。

その上で、「事業者はそれぞれの業界団体において事業の性質に基づいた感染リスクを評価し、対策を検討することが求められる。例としてスーパー、商店街の事業者が考慮すべき感染対策としては入店前後の手指衛生、人が触りやすい扉や共用部の定期的な消毒、レジなどの行列位置の指定、混雑時の入場制限、一方通行の誘導、パーティションを対面の場所に設置するなどがある」と具体的な対応策を提示した。

4月1日に発表した前回の提言から3週間が経過したこと等を踏まえ、最新の情報に基づいて状況分析を更新するとともに、提言を行ったもの。

人との接触を8割減らす、10のポイント

新型コロナウイルス感染症対策の状況分析・提言(概要)

新型コロナウイルス感染症対策専門家会議(第11回)

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年08月07日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方