小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

スターバックス/「リワード」会員330万人キャッシュレス比率1/3超に

スターバックス コーヒー ジャパンは4月8日、ロイヤルティ プログラム「スターバックス リワード」会員が2019年3月で330万人を突破したと発表した。

<「リワード」会員330万人突破>
「リワード」会員330万人突破
*4月8日戦略発表記者会見資料

同日行われたLINEとの戦略発表記者会見で、水口貴文CEOが発表したもの。

スターバックスの日本での店舗は2018年12月末で1415店、1週間約500万人が訪れている。

最高のスターバックス体験の提供を目指し、商品、パートナー、店舗を強化してきたが、2002年のスターバックスカードの導入を皮切りに、デジタル施策を拡充。

2014年にモバイルスターバックスカードを導入、2016年には公式モバイルアプリのダウンロード数は400万を超えた。

2017年9月から、ロイヤルティ プログラム「スターバックス リワード」を開始した。

同制度は、WEB登録済のスターバックスカードで商品を購入することで、50円(税抜)ごとに「1Star」(1ポイント)が付き、一定数の「Star」をためるとドリンク、フード、コーヒー豆などと交換できる。現在まで、コスタリカのコーヒー農園へのツアー、中目黒のスターバックスロースタリーへの優先入場などのサービスも実施している。

「スターバックス リワード」を次のステージに成長させるためにも、8日からLINE上からスターバックスカードを登録できる「LINE スターバックス カード」を開始した。

「LINE スターバックス カード」は、カードを発行するだけで、「スターバックス リワード」にも参加でき、Star(スター)が集められる。「スターバックス リワード」のチケット発行には、改めてリワードシステムへの登録が必要な準会員扱いとなる。

<さらなるキャッシュレス化を加速する>
さらなるキャッシュレス化を加速する

さらに、現在10店舗で実施されている「LINE Pay」決済も、2020年夏までに全店導入を目指す。

<水口貴文CEO>
水口貴文CEO

会見で水口CEOは、「LINEと提携により、従来のヘビーユーザー以外のライトユーザーにアクセスし、新規顧客獲得につなげたい」。

また、「アメリカの調査会社によると、アップルペイを抜いて、アメリカで一番利用されているキャッシュレス決済はスターバックスカード。日本の店舗でも、1/3以上がキャッシュレス決済となっている。新カードと「LINE Pay」決済導入で、さらなるキャッシュレス化を加速する」と述べた。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧