小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

セブン&アイ/「アリオ亀有」刷新、イトーヨーカドー最大級デリカ売場

セブン&アイ・ホールディングスは11月23日、「アリオ亀有」をリニューアルオープンする。

<アリオ亀有>
アリオ亀有

アリオ亀有は、2006年3月開業。営業12年目を迎えるにあたり、さらに魅力的なショッピングセンターに生まれ変る。

リニューアル第1弾として、商品とサービスの拡充を図るべく、大規模改装し、専門店123店中新規導入17店、移設・改装42店、計59店を刷新する。

<1階のイトーヨーカドー>
1階のイトーヨーカドー

また、1階のイトーヨーカドー食品売場では、顧客がより買物がしやすいように通路数・通路幅を拡充した。

加えて、食品売場を大幅改変。イトーヨーカドー最大級の面積を誇るデリカゾーンに拡大することで、さらに魅力溢れる楽しい食関連エリアに一新する。

<イトーヨーカドー最大級デリカ売場>
イトーヨーカドー最大級デリカ売場

寿司売場は従来の約2倍に拡大し、品揃えを充実。より選びやすく買いやすい売場にリニューアルした。

「パワーサラダ(ねぎ塩チキン)」など食事サラダを拡充した。家族で楽しめる大き目サイズのオードブルや生野菜サラダも品揃えしている。

<冷凍食品は改装前の約2倍に拡大>
冷凍食品は改装前の約2倍に拡大

冷凍食品は、改装前の約2倍に売場を拡大。簡単便利な「時短メニュー」に対応したイトーヨーカドーオリジナル商品「EASE UP」など、素材から主菜まで品揃えを強化している。

酒類コーナーも、改装前の約2倍に売場を拡大した。日本酒スパークリングなど話題のお酒を品揃えしている。

<2階は「美と健康の空間」がテーマ>
2階は「美と健康の空間」がテーマ

2階は衣料品売場の通路幅を拡充するとともに、「美と健康の空間」をテーマに、新しく「タニタカフェ」やリラクゼーションの「ラフィネ」などの専門店が出店、毎日通いたくなるような地域コミュニティの場を提案する。

さらに、2019年春にはリニューアル第2弾して、1階フードコートの席数を約1.4倍に拡充するとともに、新たな食の専門店を加え、にぎやかでライブ感のある居心地の良い「食」の空間にリニューアルする。

■アリオ亀有
所在地:東京都葛飾区亀有3-49-3
敷地面積:約4万4300m2
売場面積:約4万2120m2
建物店舗:地上3F
駐車/駐輪台数:2000台/2030台
専門店・ブランド店:合計123店(内新規・移設改装59店)
営業時間:イトーヨーカドー10時~21時、専門店10時~21時、専門店(1F レストラン街)11時~23時、1F フードコート10時~22時、シネマコンプレックス「MOVIX」9時30分~24時
<周辺地図>
周辺地図

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧