小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ローソン/2019年の「おでん」は具だくさん

商品/2019年08月05日

ローソンは8月6日、2019年度版の「おでん」を発売する。

<2019年の「おでん」は具だくさん>
2019年の「おでん」は具だくさん

今年は、野菜の具材比率を50%に増やした「つゆしみがんも」、「ひじきと5種野菜のさつま揚げ」、チーズを4種類の野菜を入れて作ったつくねで包んだ「チーズの野菜ハンバーグ」(9月24日発売)など、具だくさんなおでん種を用意した。

ローソンのおでんの購入者層の約6割は女性客で、今年度は、「具だくさんなおでんが食べたい」という女性客の声に対応し、商品開発した。

製法を見直すことで、「つゆしみ」「つゆ絡み」「食感」を楽しめる仕立てにしている。

「つゆしみがんも」は、製造工場でのがんもの油調時間を昨年度に比べて長くし、がんもの中に気泡を多く作ることで、つゆがより染み込みやすくなっている。

「こんにゃく」の表面に入れる切込みの幅を見直し、舌触りを良くした。切込みの深さを均一化することで、どこから食べてもつゆが絡むように仕上げた。

おでんのつゆは、薄削りのかつお節を後から入れる「追い鰹製法」を追加し、香り立ちのよいだしに、地域ごとに馴染みのあるだしを加え、全国9種類に分けて提供する。

鰹節・昆布を使った基本だしに、地域の嗜好にあわせた醤油と食材を加えた。

<全国9種類のおでんつゆ>
全国9種類のおでんつゆ

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧