小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

人手不足/「飲食店」の8割が非正社員不足

経営/2019年08月22日

帝国データバンクは8月22日、「人手不足に対する企業の動向調査」を発表した。

<従業員の過不足感>
従業員の過不足感
※出典:帝国データバンク「人手不足に対する企業の動向調査」(以下同)

正社員が不足している企業は48.5%で1年前(2018年7月)から2.4ポイント減少。業種別では「情報サービス」(74.0%)が最も高く、「旅館・ホテル」(70.8%)も7割を上回った。「メンテナンス・警備・検査」「建設」「運輸・倉庫」「飲食店」など7業種が6割台となった。

非正社員では企業の29.8%で人手が不足していた(1年前比3.2ポイント減)。規模別ではすべての規模で1年前を下回った。業種別では「飲食店」の80.0%が不足と感じており、依然として高水準が続いている。次いで、「飲食料品小売」「娯楽サービス」「旅館・ホテル」「人材派遣・紹介」などが上位に上がっている。

<従業員が不足している上位10業種>
従業員が不足している上位10業種

非正社員においては「小売」「サービス」業界に属する業種が不足感の高い上位10業種のすべてを占める結果となった。

<正社員・非正社員の不足割合~業界別>
正社員・非正社員の不足割合

「小売」(正社員49.8%、非正社員47.8%)は正社員で減少したものの、非正社員では増加した。非正社員の不足割合は10業界中最も高く、正社員との差は2.0ポイントに迫っている。「小売」の景気 DIは2年3カ月ぶりに40を下回るなど足元の景況感が悪化してきているなか、収益環境が厳しさを増し、非正社員の採用を急がせている可能性も示唆される。

正社員不足を規模別にみると、「大企業」(59.3%)は6割近くの企業が「不足」と感じていた。1 年前から0.8ポイント増加しており、7月としては過去最高を更新した。「中小企業」は45.9%(1年前比3.1ポイント減)、「小規模企業」は42.1%(同1.5ポイント減)の企業が不足。「大企業」の不足割合は増加した一方で、「中小企業」の減少が目立っている。

非正社員不足を規模別にみてみると、「大企業」は34.2%(1年前比1.9ポイント減)、「中小企業」は28.5%(同3.6ポイント減)、「小規模企業」は28.2%(同2.3ポイント減)となり、すべての規模で1年前を下回った。

■調査概要
調査期間:2019年7月18日~31日
調査対象:全国2万3650社
有効回答企業数:1万91社(回答率42.7%)

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧