メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ローソン/「時短営業」176店、「正月休業実験」102店が参加

2020年02月04日経営

ローソンは2月4日、時短営業の現状と正月休業実験の結果を発表した。2月1日現在、176店が時短営業を実施、正月休業実験には102店が参加した。

<ローソン>
ローソン

同社では、フランチャイズ契約時の書面に時短営業の契約がある事を明記していて、従来から加盟店が自由に時短を選択する制度となっている。2019年3月1日時点は40店、同年9月1日時点は74店が時短契約店となっており、近年人手不足の影響により増加傾向にある。

時短契約では、24時間営業よりチャージ率が若干高くなっているが、大手コンビニの中では最も低い水準となっているという。

■正月休業「家族と一緒に過ごせた」、一方で「客数が減った」との声も

年末年始には、ローソン本部が、全国の加盟店102店に依頼し、正月休業実験を実施した。休業日や休業時間は、オーナーと相談し決定した。12月31日または1月1日を休業開始日とし、休業期間は半日または1日半とした。

実験は都市部を中心とした店舗で実施。エリア別の内訳は、北海道・東北14店、関東・甲信越49店、東海・北陸4店、近畿21店、中国・四国6店、九州・沖縄8店。

オーナーアンケートでは、「家族と一緒に過ごせる時間が取れた」「クルー確保が難しい時期なので大変助かった」「人手不足の中、従業員が休める事ができた」といった回答があった。

一方で、「発注の難しさが課題」「周辺の常連さんにご迷惑をかけた」「休業の事前告知をすることで、休業前から客数が減った」「休業明けも客数が戻りにくかった」「休業にかかる費用負担(ATMの現金抜き差し・警備費用)が心配」といった声もあった。

ローソンでは、実験結果を踏まえ、来年の正月の休業について検討を進める計画だ。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年11月26日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方