小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ローソン/店舗の「トイレ・ゴミ箱・灰皿」使用を一時休止

経営/2020年04月28日

ローソンは4月28日、新型コロナウイルス感染拡大予防のため、店舗でのトイレ・ゴミ箱・灰皿の使用を一時休止する方針を決定したと発表した。

サービス休止の案内は店頭でポスターおよびPOPなどで周知する。

トイレは、「入口の扉」・「便座」・「トイレットペーパー」・「洗面台」など、接触箇所が多く、密閉された狭い空間であり、感染リスクが高い場所と言われている。

ゴミ箱は、飲食した後の割り箸や容器、使用済みのマスクやティッシュペーパーなど、口や鼻に触れたものなどがゴミとして集積される。

また、店頭の灰皿は吸殻を捨ててもらう目的で設置しているが、そこで喫煙する人もあり、顧客から不安の声も寄せられているため、撤去する。

さらに、「人との接触を少しでも減らしたい」と、顧客から「セルフレジ」の要望が多数寄せられているため、全店舗で設置済みのセルフレジの活用をさらに加速させていく。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

流通最前線一覧