小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ららぽーと湘南平塚/目標年商300億円、店舗面積6万m2に全247店で開業

三井不動産は10月6日、神奈川県平塚市にリージョナル型ショッピングセンター「三井ショッピングパーク ららぽーと湘南平塚」を開業する。4日、関係者向け内覧会を開催した。

<ららぽーと湘南平塚>
ららぽーと湘南平塚

敷地面積は約8万1300m2、延床面積は約16万6000m2、店舗面積は約6万m2。目標年商は、開業2~3年後のオープン景気終了後の定常年度で約300億円を計画する。

地元サッカーチームの「湘南ベルマーレ」や日産自動車とのコラボレーション店舗、地元の名店、高感度ファッション、話題の飲食店など、多彩なラインナップの247店を集積した。

<施設配置図>
施設配置図

日産車体湘南工場第1地区の跡地約18.2haを活用した大規模複合開発事業の核施設のひとつで、商業施設のららぽーとのほか、分譲マンション「パークホームズLaLa湘南平塚」、戸建住宅「ファインコートLaLa湘南平塚」、済生会平塚病院、日産車体湘南工場をあわせ「ららシティ湘南平塚」を形成する。

ららシティ湘南平塚の中央通りと敷地内の公園のネーミングライツを取得。ららぽーと湘南平塚通り、ららぽーとすこやか公園、ららぽーとあおぞら公園を設置し、街づくりを行う。

<商圏設定>
商圏設定

1次商圏は、車で20分程度の5km人口35万人、東は茅ヶ崎、西は大磯までを中心商圏とした。2次商圏は、車で30分程度の10km人口約85万人、東は藤沢、西は二宮までを設定商圏とした。

1次商圏で来場者全体の80%のシェアを想定する。戦略的な拡大商圏として、西の秦野、小田原方面からの集客も見込んでいる。

<商圏調査>
商圏調査

10km商圏の年代別構成比は、ターゲット層となる20~40代が全体の約41%を占める。平塚市が行った市民意向調査では、駅周辺で不足しているものとして、商業施設をあげる声が最も多かったという。

平塚市は「子育て世代に選ばれる街づくり」をテーマに掲げていることから、子育て世代のファミリー層を意識した施策を随所に取り入れた。

<光の広場>
光の広場

次>> 何気なく訪れても快適

次へ> 1 2 3 4 5 6

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧